おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

歯医者さんが嫌いという人のイメージって、あのウィーンキュイーンっていう音、らしい。そして、虫歯を削るドリルの音と虫歯を削られる痛みがリンクして、歯医者と聞くだけで背筋がゾクゾクっとするというのだ。私は虫歯がいまのところない。ありそうなんだけど、しばらく歯医者に行っていなくて、その真相はまだ闇の中。小学生のころから立派な歯だね、と歯医者に言われた。唯一虫歯になった歯は、乳歯だったのですぐに抜けた。ハタチをすぎてした検診でも虫歯はなかった。馴染みの歯医者に大事にしなさいよ、と言われた。歯医者に褒めてもらえる私の歯だが、実は全部生えかわっていない。上の歯の左側の中央辺りに、今なお現役の乳歯が生えている。

確か、高校2年か3年の時に、乳歯を抜いてそこから奥にいる永久歯が出てこられるようにしようということになった。永久歯が残ってるところからこめかみにかけてごくたまに頭痛がすることがあったからだ。初めての麻酔をして、口を開けて施術、結構苦しい。

歯医者で初めて痛むんだとキンキンに緊張していた。が、歯医者が言った。麻酔打った時にさ、麻酔の針で探ってみたんだけど、永久歯が思ったより奥まってるからやめた!えっこんなに緊張してるのに?意気込んできたのに?とその時は拍子抜けしたが、何が何でも手術して歯が抜けたままになることもなかった。ちゃんと何が良いかを判断してくれていたのだ。なんだ、実は名医なんじゃないこの歯医者さん。それ以来、ちょっとだけ信頼するようになった。