お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
お役立ち情報

相続については、民法という法律で規定されています。相続は、死亡した人の権利義務の一切を承継する行為になります。したがって、場合によっては、負債(義務)を負うことが必要になります。したがって、死亡した人の権利義務を承継するか又は限定承継するか、又は、放棄するかについて熟慮期間が3カ月間与えられています。そして、相続人であると知ったときから3カ月以内にどうするかについて明確に意思表示する必要があります。

放棄することを伸述した場合は、二度と相続人になることはできなくなります。なぜなら、意思表示を撤回されると、第三者の利害を損ねる可能性があるからです。例えば、死亡した人の債権者は、自分の債権を相続人から回収する必要がありるわけですが、放棄した人については、死亡した人の権利義務の一切を承継しないため、債権の回収はできません。したがって、残った死亡した人の承継人から債権を回収することになります。

後から、放棄の撤回を認めたとすると、債権回収について再度仕切りなおしてから、債権回収する必要があります。折角回収した債権がいつまでたっても確定できないことになります。そのような、もろもの権利義務が発生するため、法律で規定する必要があるのでしょう。